木のちょっといい話の記事「スプルース」

メールでのお問い合わせはこちら お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-980-543

木のちょっといい話

今出川建設が使用している紀州材を取り扱っている山長商店さんが「家にはどんな木材が使われているのか?」について詳しく解説します。

スプルース

2014.09.14

スプルース

スプルースはアラスカ州南部からカナダを経てカルフォルニア州北部への太平洋沿岸部に生育するマツ科トウヒ属の木です。

性質面では寸法の安定性が高く加工性もよいといった特長があります。意匠面では肌自が緻密で仕上げ面には絹自の美しい光沢が現れます。材面にあまり表情がないともいえますが、現状では比較的目が詰まり、木理の通った欠点の少ない材が入手できるので、造作材などに多く用いられています。

【レポート】米松は「松」ではない!? ~マツ科の分類

今日では洋楽や浮画のタイトルは原題をカタカナで表記することが多くなっていますが、普はその内容が端的に伝わるように邦題を付けるのが一般的でした。その中には名訳とされているものもありますが、例えば「悲しき○○」という邦題のものがヒットすれば、雨後の笥のように邦題に「悲しき」という言葉を付けるといった”迷訳”もありました。

それと同様に、明治時代から大正時代にかけて輸入が増加した米材の大部分を占めていたダグラスファーには、「アメリカトガサワラ」のような名前を付けるべきでしたが、「米松」という“迷訳”が一般化してしまいました。その影響もあってか、後から輸入が増加し、本来「松」と訳されるべきマツ属の輸入材はそのまま「パイン」と表記される例が多くなりました。

今出川建設 施工例

お気軽にご相談ください。

WEBからお申込みいただいた方限定で
ご契約金額から無条件で10万円をお値引き
させていただいております。

無料で見積依頼をする