木のちょっといい話の記事「山長 杉DK化粧梁」

メールでのお問い合わせはこちら お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-980-543

木のちょっといい話

今出川建設が使用している紀州材を取り扱っている山長商店さんが「家にはどんな木材が使われているのか?」について詳しく解説します。

山長 杉DK化粧梁

2014.09.14
【写真】山長・杉KD化粧梁(茅ヶ崎Y様邸)

【写真】山長・杉KD化粧梁(茅ヶ崎Y様邸)

杉は桧とともに日本を代表する木です。ちなみに杉の学名クリブトメリアヤポニカ(Cryptomeria Japonica)は「日本の隠れた財産」(※)という意味です。(※命名は球果が葉に覆われていることに由来)

かつて杉は柱としては優れているものの、梁としては不向きとの“常識”がありました。しかし近年は試験設備が整い、実物大での強度実験が行われるようになって、目の詰まった高樹齢の杉は強度、長期許容応力度の面からも梁として優れていることが明らかとなってきました。また杉のKD(KilnDry :人工乾燥)技術の進歩により、乾燥精度が飛躍的に高まりました。

さらに意匠面においても、目の詰まった木目が数十年間の風雨に打ち克ち成長してきた力強さを表現しつつも、杉特有の優しい木味のせいか、梁の下から眺めていても不思議と圧迫感を感じません。

学名の知く梁としての用途が近年まで“隠れて”いた訳ですが、日本の家には杉KD化粧梁を用いて「日本の隠れた財産」を味わいたいものです。

【レポート】環境と国産材の有効活用(その1)

工務店様:最近放置されて荒廃した森林の手入れをする目的で税金を取る自治体が地えてきてますね。「日本の山を守る」という社会的合窓が出来つつあるとし、うことですかね。

山六:山は実態は苦しいとは思いますが、老舗産地の方と環境の話をすると「いい木を育てているのだから“おなさけ”で使って頂かなくて結構」といった気概を感じることが時としてあります。

工務店様:施主様と話をする時に環境を前面に出しすぎると「”おなさけ”で国産材を使ってあげて下さい」というニュアンスで伝わってしまいますね。それが優良材産地には不本意なのでしょう。

山六:間伐などの手入れをすることはもちろん大切ですが、根本的には国産材を使う比率を高めることです。現在は環境意識の高い方や耐朽性などの性質を重視する方に多く国産材を使っていただいている状況ですが、大量の外材の流入を支えている条件の変化、例え1ま為替相場や海外での環犠保護運動の高まりなどの供給面の状況によっては、また国産材に頼らざるを得ない時代になる可能性はあると思います。

今出川建設 施工例

お気軽にご相談ください。

WEBからお申込みいただいた方限定で
ご契約金額から無条件で10万円をお値引き
させていただいております。

無料で見積依頼をする